学校情報 トップページ > 学校情報 > 鎌倉女子大学初等部

神奈川県

鎌倉女子大学初等部

〒247-8511
神奈川県鎌倉市岩瀬1420番地
TEL:0467-44-2112
FAX:0467-44-2396
URL:http://www.kamakura-u.ac.jp/elementary/
創立年度:1951年
系列校:鎌倉女子大学・短期大学部・高等部・中等部・幼稚部

交通案内

JR東海道線、横須賀線、京浜東北線、根岸線、湘南モノレール「大船駅笠間口」からバスで約10分。「鎌倉女子大前」下車。(神奈川中央交通のバス全てにご乗車できます。)
京浜東北線、根岸線「本郷台駅」下車、徒歩15分。
横浜市営地下鉄ブルーライン、京浜急行線「上大岡駅」または「金沢八景駅」からバスで「鎌倉女子大前」下車。(交通渋滞により遅れる場合があります。)

Google ルート・乗換案内

建学の精神

修養の鐘「感謝と奉仕のこころ」 「ありがとうございます」と素直に感謝し「わたくしがします」と気持ちよく奉仕できる姿勢を身につけます。「ぞうきんと辞書をもつこころ」 わからないことは、どんどん調べ、自分から「積極的に学んでいこう」とする態度を身につけ、小さな仕事もおろそかにせず、身の回りの整理整頓に心がけます。「人・物・時を大切にするこころ」 いつでも、どこでも、どんな人にも礼儀正しく美しい言葉で接し、その人を大切にします。物のありがたさを思い、物を大切に使いまた時間を大切にして、けじめある行動をとります。この三つのこころを促進することこそが本学の教育が求めるテーマです。

教育理念

学芸会建学の精神を礎に、きめ細かな指導で発達段階に応じた徳育・知育・体育の調和のとれた指導目標を設定しています。また、全教職員が児童一人ひとりに愛情を注ぎます。特に担任は学校生活のみならず家庭生活における指導の在り方、児童がより良く生きていくための在り方を保護者と連携をとりながら進めています。

教育目標

初等部の教育目標は、いつの時代においても建学の精神である「感謝と奉仕に生きる人づくり」を理念に、「豊かなこころ」と「確かな学力」、「健やかなからだ」を身に付けた品位ある初等部生の育成にあります。そして、「ぞうきんと辞書をもって学ぶこころ」の形成を学習指導の指針とし、「人・物・時を大切にするこころ」の形成を生活指導の指針として、高度情報化と技術革新が進行する多文化共生時代を、志高く夢と希望をもって、自立的かつ創造的に生きていく資質と能力の涵養に努めています。

芸術鑑賞 茶話会
みどり祭 泳力検定

教育実践

音楽会児童のよさや可能性を見出し、さまざまな個性や能力を伸ばす特色ある授業(読書・PC・労作・英語学習・礼法など)に取り組んでいます。また、行事を通して、日々の学習(活動)は基より机上では体験できない多くのことを学んでいきます。子どもたちは、それぞれの行事を通して礼節ある振る舞いをすることの大切さ、集団の一員として自分の役割を果たすことの大切さ、自然の素晴らしさ、友だちと協力することのすばらしさ、根気強く取り組むことで困難を乗り越えたときの喜びなどを学んでいきます。

学校データ

正教員数 講師数 始業時刻 1コマの授業時間 土曜日の扱い
32名 3名 8:30 45分 授業参観および公開行事
学期 1クラス人数 1学年のクラス数 給食 制服の有無
3学期 30名(上限) 3クラス(上限) なし(弁当持参)
弁当、パンの注文可
施設・設備松本講堂(収容人数 約1,300人)   昇降式室内温水プール
普通教室すべてに電子黒板設置
教室冷暖房設備あり   図書室(蔵書約33,000冊)
人工芝グラウンド  農園
情報教育実習室  進路進学相談室  AED
セキュリティ初等部では、子どもたちの安全を確保するためにさまざまな努力をしています。
・校門脇に警備室、警備員を配置
・登下校時、教員が校門、バス停付近に立ち安全指導
・入校許可証の発行
・登下校時に児童のカードタッチによる保護者へのメール配信
・防犯訓練、救急講習会等の教職員の研修の実施
・1,2年生の希望者は、大船駅からスクールバスを利用
・避難訓練、交通安全教室、誘拐防止教室の実施
保護者の関わり保護者が運営する「なかよし会」が、各行事でお手伝いをしてくださっています。礼法指導や低学年生活科の調理実習の補助などでも、児童指導を教員と一緒に行ってくださっています。また、大船駅を中心に保護者ボランティアが下校指導や安全確認に携わっています。
学校行事初等部では、1年間を通して様々な行事が行われています。行事は、儀式的行事(入学式・卒業式)、文化的行事(みどり祭・学芸会・音楽会、芸術鑑賞会)、健康安全・体育的行事(運動会)、遠足・集団宿泊的行事(遠足、鎌倉めぐり、宿泊体験学習、修学旅行)、勤労生産・奉仕的行事(フリージアタイム)に分かれ、学年に応じたねらいが設けられています。この他にも、社会科見学、書き初め大会、卒業研修、スキー教室など学年に応じた学習が行われています。
クラブ活動等特別活動の時間として、同じ興味や関心を持っている4年生以上の児童が学年を超えて集まって楽しく活動する時間です。授業の枠で行う課内クラブ活動(自然科学・テニス・家庭・バドミントン・造形絵画・パソコン・写真・野球・サッカー・キッズダンス・ミニバスケットボール・囲碁将棋昔遊び)と、放課後や朝の時間を使って、希望者が参加する課外クラブ活動(なぎなた・器楽・合唱・バレーボール・ミニバスケットボール・サッカー・スイミング)があります。
外国語
国際理解教育
全学年週45分、ネイティブの先生と専科の先生による英語活動を通じて、児童が英語を使って自分を表現し、発信していくための基礎力(異文化への関心・理解、コミュニケーション能力、英語に特有の音声や基本語句力)を培います。低学年では音声表現が中心ですが、中学年より書くことも多く取り入れ、高学年では基本的な文章が読めるよう、具体的には英検5級程度の力がつくように指導しています。また、放課後には3年生以上が英語講習を行っています。
鎌倉女子大学初等部のホームページを見る
ページ上部へ