学校情報 トップページ > 学校情報 > 桐蔭学園小学部

神奈川県

桐蔭学園小学部

〒225-8502
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL:045-972-2221(入試広報担当)
FAX:045-971-1490
URL:http://toin.ac.jp/
創立年度:1964年
小学部開校:1967年
系列校:桐蔭学園幼稚部,桐蔭学園中学校・高等学校(男子部・女子部※),桐蔭学園中等教育学校,桐蔭横浜大学・大学院
※2018年度より桐蔭学園高等学校は共学化(年次進行)
※2019年度より桐蔭学園中学校は募集停止,桐蔭学園中等教育学校は共学化(年次進行)

交通案内

《一般経路》
東急田園都市線青葉台駅下車→桐蔭学園行きバス(15分)→桐蔭学園下車

東急田園都市線市が尾駅下車→桐蔭学園行きバス(10分)→桐蔭学園下車

東急田園都市線あざみ野駅下車→すすき野団地行きバス(10分)→もみの木台下車

小田急線柿生駅下車→桐蔭学園行きバス(15分)→桐蔭学園下車

小田急線新百合ヶ丘駅下車→あざみ野行きバス(20分)→もみの木台下車

横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野駅下車→すすき野団地行きバス(10分)→もみの木台下車

《スクールバス》
東急田園都市線江田駅・小田急線柿生駅に配車

Google ルート・乗換案内

建学の精神

・社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ。
・学問に徹し、求学の精神の持ち主たれ。
・道義の精神を高揚し、誇り高き人格者たれ。
・国を愛し、民族を愛する国民たれ。
・自然を愛し、平和を愛する国際人たれ。

教育理念

「能力とは努力の成果」であり、どんな子どもでも努力すれば必ず伸びるという前提のもとに、「育て、伸ばし、鍛える」教育を、知育・体育・徳育のあらゆる場面で行う。
グローバル化が進み、人類の未来のために何ができるかという視点で考え、行動することがますます求められるようになっていく今後の世界に貢献し、活躍できる「自ら考え 判断し 行動できる子どもたち」の育成を目指している。

教育目標

【校訓】
・すべてのことに「まこと」をつくそう。
・最後までやり抜く「強い意志」を養おう。

教育実践

桐蔭Photo運動会・全学年の全教科において一斉授業に留まらず、積極的に「アクティブラーニング型授業」を展開し、児童の主体性・協働性の伸長を図ることで「深い学び」へと繋ぐ学習指導を行っている。また、学年枠を超えて「考える力」を育むカリキュラムを実施し、中等教育の基礎となる初等教育の充実を図っている。
・4~6年は週6日制授業を実施。
・5・6年の国語・算数・英語は習熟度別レッスンで児童のそのときどきの学力に見合った授業を行い、「下位を育て、中位を伸ばし、上位を鍛える」きめ細かい授業を可能にしている。
・セルフコントロールができ、リーダーシップをもって社会に貢献できる人材の育成を目指し、学級指導を行っている。

学校データ

正教員数 講師数 始業時刻 1コマの授業時間 土曜日の扱い
43名 7名 8:45 40分 4年以上午前4校時授業
(科目授業2校時,クラブ活動2校時)
学期 1クラス人数 1学年のクラス数 給食 制服の有無
3学期制 35~40名 3クラス
※今年度6年のみ4クラス

※毎週水曜日はお弁当

※2018年4月より新制服導入
施設・設備ハーモニーホール(300名収容の多目的ホール。学年全員で器楽合奏ができる大音楽室。) ,PC LAB.(パソコン室3室。授業では1人1台パソコンを使用できる。),図工室(2室),美術ギャラリー,理科室(2室),マルチルーム(映像・音響装置を備えた多目的室)3室,視聴覚室,マルチパーパスホール(3ヶ所),スタディールーム(2室),体育館,グラウンド,実習田・農園,ビオトーブ,プール(屋内,25m×6コース)
教室冷暖房設備あり(第2校舎は床暖房完備)
学園内には1,800名収容のシンフォニーホールや,多彩なアートが鑑賞でき、横浜陪審法廷を移築復元したアカデミウムがある。
セキュリティ・防犯カメラの設置による外部侵入者の監視。
・警備保障会社職員,及び,学園教職員による学園内巡回。
・保護者の保護者証,及び,外部からの来校者の来校者証装着義務。
・児童の携帯電話,及び,GPS端末の所持を許可。(個別申請)
・登下校確認メール配信システムを全学年全児童に導入。
・耐震構造校舎(震度7程度までの耐震構造)
保護者の関わり・父母会として,全学年から6名の役員と各クラス2名ずつの代議員を選出して構成し,小学部の教育活動を支援していただきます。主な活動として,学園文化祭でのバザーやもちつき会の手伝いなどをいただきます。
・保護者の参加行事としては、年3回(4・5・3月)の学年・学級保護者会,年1回の父母総会(5月末),個人面談(7・12月),年2回(6・1月)の授業参観があります。
・1年次7月は家庭訪問を実施(個人面談はなし)。
・保護者が見学できる学校行事としては,幼小合同運動会(10月初),校内マラソン大会(10月末),送別音楽会(3月)があります。
学校行事・春の遠足
・校外学習(秋:社会科見学等)
・サマーキャンプ:1・2年(富士吉田)に1泊2日,3・4年(八子ヶ峰)に,5年(日光),6年(京都・奈良)に2泊3日。
・ウィンターキャンプ:5・6年(岩手八幡平・安比高原)4泊5日のスキー教室。
・体育行事:スポーツフェスタ(6月),運動会(10月),学園体育祭(11月)
・芸術活動:造形遊びの日(5月),写生会(11月),書き初め会・書き初め展(1月),展覧会(1月),学園作品展(2月),送別音楽会(3月)
・5年:田植え(6月),稲刈り(10月)
・もちつき会(12月)
クラブ活動等4年から計18種類のクラブから選んで入ることができます。
文化系(アート,ロボット,パフォーマンス,科学,盤上遊戯,弦楽,家庭科,書道,鉄道研究,百人一首,パソコン)
運動系(軟式野球,テニス,卓球,陸上,サッカー,バスケットボール,バドミントン)
外国語
国際理解教育
英語の授業は1年から週2時間あります。4年までは1クラスを2グループに分け,各1時間をネイティブと日本人教師とが受け持ち,「聞く」ことに重点を置きながら,英語の語順のままで理解する英語脳を育てます。
5年以上は,3段階5クラスの習熟度別レッスン授業を展開し,単語や文法の本格的な指導を始めます。上位2クラスは中等教育学校の英語教師が担当し,ネイティブは1時間ずつのローテーションで全クラスを指導します。
低学年には児童英検を、高学年には英検の受験にも積極的に取り組ませています。使用言語を英語に限定した“桐蔭英語村” でのキッズクラブ(希望制)などを通じて「生きた英語」を体感することもできます。
桐蔭学園小学部のホームページを見る
ページ上部へ