学校情報 トップページ > 学校情報 > 日本大学藤沢小学校

神奈川県

日本大学藤沢小学校

〒252-0885
神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL:0466-81-7111
FAX:0466-84-3292
URL:http://fujisawa.es.nihon-u.ac.jp/
創立年度:2015年
系列校:日本大学、日本大学付属高校、日本大学付属中学、日本大学付属幼稚園

交通案内

小田急江ノ島線六会日大前駅から徒歩15分

Google ルート・乗換案内

建学の精神

日本大学は、明治時代の「日本法律学校」創立から130年、歴史と伝統を持ち、卒業生が110万人をこえる総合大学です。学祖・山田顕義による建学の精神「自主創造」を教育理念として掲げ、「自ら学ぶ」「自ら道をひらく」という「自主創造」の姿勢と能力を備えた人間を育成する教育を行っています。学校が一方的に教育するのではなく、学校と児童・生徒・学生が響き合う学修によって教育理念が具現化され、「自主創造」はもたらされます。そうした人間性を高める学びの機会を数多く用意しています。

教育理念

知的好奇心を持って自らが課題に取り組み、新しい道を切り開くことを礎に、教育理念を「自主性と創造性」としました。この教育理念には、小学校で育んだ自主性と創造性の芽が中学校・高等学校・大学で成長し開花してほしいという願いを込めました。自主性と創造性の芽を育むためには、心と体の健康を育むこと、基本的な知識を身につけることを行った上で、幅広く豊かな体験を通して学ぶことが重要であると考えています。

教育目標

自主性と創造性を育むために、3つの目標を定めています。①基本的な知識を身につけること、②心と体の健康を育むこと、③豊かな体験を通して学ぶことです。3つの目標の達成に向けて、以下の特色ある6つの教育を実践します。
「挨拶ができる子」、「明るく元気な子」、「自分のことは自分でできる子」、「読む力、書く力、計算する力を持っている子」、「考える力を持っている子」、「他の人を思いやることができる子」
これらのことを大切にして、特色ある教育を実践します。

教育実践

日本大学藤沢小学校Photo教育の特色の一つは朝学習です。授業が始まる前、毎日15分間、音読、計算、読書などを行い、学習の基盤となる力をつけます。授業は基本的に専科制です。教員の多くは小学校の教員免許だけでなく、中学・高校の教員免許を持っています。
なお、英語の授業は1年生から行い、6年生終了時点では全員が英検4級以上取得を目指します。また、谷川岳での林間学校(7月)、スキー教室(12月)、海外語学研修(オーストラリア)など宿泊体験学習が多いのも特徴です。

学校データ

正教員数 講師数 始業時刻 1コマの授業時間 土曜日の扱い
17名 16名(内ネイティブ2名) 8:30 45分 授業有
学期 1クラス人数 1学年のクラス数 給食 制服の有無
3学期制 36名 2クラス
施設・設備校地総面積は1万2,769.39㎡、体育館を含む校舎床面積は7,219.38㎡。校舎は3階建で冷暖房を完備しています。1階は校長室、職員室、事務室、保健室等の管理スペース。2階は1年生から3年生の教室と理科室、図書室、パソコン教室、和室(作法室)。3階は4年生から6年生の教室と家庭科教室、図工教室、音楽教室、英語教室、算数教室です。
セキュリティ有人警備:小学校校舎内に7:00~17:00まで警備員が校内に常駐して校内の巡回、訪問者に対応します。キャンパス内の大学門、高校中学門にも警備員が常駐します。
機械警備:児童が登校後は小学校の門は施錠され、下校時に開門されます。監視カメラで校舎内外、運動場は常に監視されています。
保護者の関わり諸行事には保護者の皆様に多数お越しいただいています。運動会では保護者による参加種目(綱引き)や大玉ころがしがあります。文化祭では保護者の方に児童対応のお手伝いもいただいています。
各学期、保護者会を実施し、日頃の様子についてお伝えしている他、授業公開を実施し、子どもの様子を直に見ていただける機会としています。
学校の方針をご理解いただきながら、保護者の皆様と一緒に育てていく関りを持たせていただいています。
学校行事運動会5月、文化祭11月、林間学校7月(2泊3日)、菅平高原スキー12月(3泊4日)
修学旅行6年6月(3泊4日)、語学研修旅行(オーストラリア)5年(春休み:希望制)
クラブ活動等4年生からはクラブ活動に参加できます。現在、活動しているクラブは陸上、ボール遊び、バドミントン、卓球、空手、一輪車、音楽、手芸、パソコンです。
児童が仲良く取り組みながらも、技術や知識を身につけるために、真剣に取り組んでいます。
外国語
国際理解教育
全学年でネイティブスピーカーと関わりをもちます。1・2年生は毎日20分の英語の授業を行います。歌やゲームなど、英語に親しむこと(英語を嫌いにならないような取り組み)から始まります。学年が上がるにつれて、ライティングや文法の学習も取り入れ、中学での学習の準備も始めます。また、5年次には希望者によるオーストラリアへの語学研修も企画され、発展的な英語教育を展開しています。
日本大学藤沢小学校のホームページを見る
ページ上部へ