学校情報 トップページ > 学校情報 > 聖マリア小学校

神奈川県

聖マリア小学校

〒249-0006
神奈川県逗子市逗子6-8-47
TEL:046-871-3209
FAX:046-871-8642
URL:https://seimaria-es.jp
創立年度:昭和26年(1951)
系列校:聖マリア幼稚園

交通案内

JR横須賀線「逗子」駅から徒歩10分
京浜急行逗子線「逗子・葉山」駅から徒歩8分

Google ルート・乗換案内

建学の精神

昭和25年、オーストラリアから逗子カトリック教会に赴任していたジョン・ネイル・カリネン神父が「戦争で荒廃した日本にこそ、将来を担う子どもたちによりよい教育を」と、昭和26年に聖マリア小学校を創立しました。カトリック精神の理念に基づき、一人ひとりが神と人とに愛されていることを知り、祈りと行動を通じて神と人とを愛する人間に育つことを目指しています。

教育理念

聖マリア小学校-DSC_0582_4x3神はこの世を創造され、その最後に人間をお創りになりました。
『神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。』(旧約聖書「創世記」第1章31節より)
人間は「神の最高傑作」として創造されています。一人ひとりがかけがえのない価値を持ち、神からたくさんの恵みをいただいているのです。それは一人ひとりの持つ素晴らしい個性です。ですから私たちは、子どもたちが一人ひとりその個性を輝かせ、日々の生活を喜びをもって送ることができるよう支えていきます。私たちは、聖マリア小学校が『喜びの共同体』となることを目指しています。

教育目標

わたしたちの目指す子どもの姿は三つあります。一つは学ぶことに意欲を持ち、自ら進んで楽しみながら学ぶ姿です。二つ目は子ども同士が、また子どもと教師が、保護者もふくめて良い関係性を作り、その中で支え合って生きている姿です。三つ目は、自分のことを、そしてこの世界を良いもの・素晴らしいものと感じ、より高いものへのあこがれを持って成長していく姿です。その実現のために、あらゆる教育的営みを、子どもが愛される経験・人から認められる経験を重ねて自己価値を高め、人を愛することのできる人間に成長できるよう支えていきます。

教育実践

いろいろなことに深い関心を持って、自ら主体的に学び成長する「探究の学び」を追求し実践しています。さらに周りの人と助け合いながら、相互信頼の上に立って話し合い、考えを交流し、共に学ぶ「協働の学び」を実践していきます。その中で自然や伝統・文化などの素晴らしさや美しさに触れ、心を動かす体験を深めて、より良いもの・より高いものに憧れる感性「センス・オブ・ワンダー」を育てます。「総合」の授業を通して身につけたこのような学びを、各教科や学校行事・クラスの活動などにも生かして、多様な学びを実現していきます。

学校データ

正教員数 講師数 始業時刻 1コマの授業時間 土曜日の扱い
11名 5名 8:00 45分 午前中40分授業
4コマ
学期 1クラス人数 1学年のクラス数 給食 制服の有無
3学期 定員36名 1クラス
施設・設備本校舎 鉄筋3階建。耐震工事済(教室・図書室・音楽室・理科室・多目的室等)
南校舎 鉄筋3階建。耐震工事済(制作室・体育室・会議室等)
セキュリティ登校時には校門前に教職員が立ち安全を確認。下校時はJR逗子駅・京浜急行新逗子駅まで担任が引率(低学年)。校舎内に入る場合は保護者証を提示の上受付簿に記入後、開錠。逗子市防災課と共に児童のみならず地域住民の安全をも考え日頃から対策を講じている。逗子市津波一時避難所に指定。
保護者の関わり年度始めと各学期末に合わせて4回の学年保護者会を開き、児童のようすを各家庭に伝えています。加えて個人面談を必要に応じて最低年2回は実施しています。帆のほかに年2回の全校保護者会があり、教育や子育てのヒントになるような専門家の講演を聞くことができます。キリスト教に関心のある保護者向けに、司祭が母親講座・父親講座をそれぞれ年間10回程度開いています。
学校行事・春のマラソン大会
・春の遠足
・スポーツ大会
・修学旅行(六年)
・運動会
・合宿(2・3年は一泊、4・5年は二泊)
・秋のマラソン大会
・クリスマス会
・書き初め大会
・学芸会
その他に年6回程度の「海に行く日」、月に一回のミサがあります。
クラブ活動等三年生以上の希望者による合唱隊の活動があります。毎週火曜日と土曜日に練習を行い、卒業生の合唱団と合同でコンサートを開いたり、聖セシリア小学校と合同でのコンサートやカトリック小学校連合音楽会などに参加したりしています。
外国語
国際理解教育
英語の授業は一年生から週2時間あります。そのねらいは英語の技術的な習得ではなく、日本語と異なる言葉があり、その言葉による文化があることを知り、国際的な文化を認め合うことにあります。そのために小学生にの英語学習活動の意味を深く学び、実践している英語専任教員を配置しています。
聖マリア小学校のホームページを見る
ページ上部へ