学校情報 トップページ > 学校情報 > 横浜三育小学校

神奈川県

横浜三育小学校

〒241-0802
神奈川県横浜市旭区上川井町1985
TEL:045-921-0447
FAX:045-922-2504
URL:http://www.yokohama-san-iku.ed.jp/
創立年度:1957年
系列校:三育学院中学校、広島三育学院中学校、沖縄三育中学校、広島三育学院高校、三育学院大学

交通案内

青葉台駅、三ツ境駅、十日市場駅,桜木町駅よりスクールバス有り
●相鉄線 三ツ境駅下車 バス=若葉台中央行き 亀甲山下車徒歩7分
●横浜線 十日市場駅下車 バス=三ツ境行き   亀甲山下車徒歩7分
●横浜・鶴ヶ峰方面より バス=亀甲山行き 亀甲山下車徒歩7分 鶴間駅行き(桜山下車徒歩5分)

Google ルート・乗換案内

建学の精神

神に仕え、人に奉仕する。~Do for Others in Christ~
校訓:人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。(マタイによる福音書7章12節)

教育理念

三育教育とは、人の中に創造主のみかたちを回復するという使命に従い、人の身体性、精神性、霊性、社会性という人間性全てについて調和のとれた教育を行い、各自に与えられた生涯の全期間に渡って、神に仕え人に奉仕する人物となることを目標に掲げる教育です。
横浜三育小学校が大切にしていることは、子ども達一人ひとりが愛されている存在なのだと言う事を知り、個性を発揮し、明るく元気に、仲良く学校生活を送ることです。正しい自己受容と思いやりの心は、その後の人生すべての土台となります。徳・知・体の調和のとれた、聖書の指し示す「愛」を基盤とした教育で、自分も他者も大切にし、協調できる豊かな人格教育を実践します。

教育目標

yokohama_saniku_image横浜三育小学校が目指す児童像
・神を敬い人を愛する子
・自ら考え行動する子
・喜んで働き進んで奉仕する子

教育実践

① 学校生活全体の中で聖書の教えを実践。
② 1年生より英語教育を行う。ネイティブ教師による英会話と公文教材を活用した授業の二本立てで4技能(聞く・話す・読む・書く)をバランスよく育成する。
③ 健康な体作りのため、1年を通して、水泳やランニングを実施。
④ 英語、理科、図工、音楽、書写、家庭科、聖書の授業を専科制で行う。
⑤ 電子黒板、デジタル教科書、iPadを使ったICT教育を導入。
⑥ 老人福祉施設訪問や地域のシティークリーニングを行う。また、平和教育を通して、児童自ら考え実践する国際支援活動も行う。
⑦ 英検・漢検・算検など、各種検定を実施。英検や算検受験希望者には、対策指導を行う。

学校データ

正教員数 講師数 始業時刻 1コマの授業時間 土曜日の扱い
7名 9名 8:25 45分間 登校日扱い(教会出席)
学期 1クラス人数 1学年のクラス数 給食 制服の有無
3学期制 20名 1クラス お弁当 あり
施設・設備・専用体育館
・冷暖房完備
・コンピュータールーム
・土の校庭
・チャペル(礼拝堂)
セキュリティ・玄関防犯カメラ設置
・警備会社との連絡体制あり
・保護者への緊急連絡メールシステム
保護者の関わり授業参観やクラス懇談会、個人面談を年に3回実施しています。保護者会組織があり、学校行事に参加するとともに、保護者会独自の活動として、バザーや学校清掃など学校を支える活動や保護者間の交流をし、サポートして下さっています。
学校行事宿泊学習・校外学習・学習発表会・祈祷週・運動会・ピクニック・老人施設訪問・バザー・私学音楽会・クリスマス会・幼稚園との交流会・芸術鑑賞会・スケート教室・駅伝大会・修学旅行(沖縄)
クラブ活動等・スポーツ
・家庭科
・コンピュータ
・図工
・実験  等
外国語
国際理解教育
1年生から6年生まで週2マス英語の授業を行い、言語の習得だけでなく外国の文化に触れます。また、国際理解教育として、国際協力NGO ADRA Japanやユニセフによる出張授業を行ったり、国際支援のための寄付活動などを児童が企画し実践しています。
横浜三育小学校のホームページを見る
ページ上部へ